So-net無料ブログ作成
検索選択

<SFCG>偽契約書で資産の有償譲渡装う(毎日新聞)

 経営破綻(はたん)した商工ローン大手「SFCG」(旧商工ファンド破産手続き中)による資産隠し事件で、元社長の大島健伸容疑者(62)らが実際には資産を親族会社に無償譲渡したにもかかわらず、契約書などを偽造して破綻4日前に法務局に登記し、別の親族会社を通じて有償譲渡したように見せかけていたことが警視庁捜査2課の調べで分かった。捜査2課は、二重三重の偽装工作で資産を流出させ、破産管財人や警察の追及をかわそうとしたとみている。【酒井祥宏、川崎桂吾】

 大島容疑者らはSFCGが民事再生法の適用を申請する2カ月前の08年12月26日、簿価で約418億円の資産を親族会社「白虎」(大阪府箕面市)に無償譲渡して資産を隠したとして、民事再生法違反(詐欺再生)容疑などで逮捕された。

 捜査幹部によると、大島容疑者らはこの不正な債権譲渡を隠ぺいするために、SFCGから親族会社「IOMA REAL ESTATE(IRE)」(箕面市)に約130億円で債権を有償譲渡した後、IREから白虎に転売されたように偽装。取引の時期も同11月上旬〜12月上旬と偽り、09年2月19日に法務局に債権譲渡登記をしていた。民事再生手続きは同23日だった。

 大島容疑者らは虚偽登記を正当化するために、複数の契約書を偽造したうえで、社内の稟議(りんぎ)書も書き換えたという。さらに、IREから譲渡代金の一部が支払われたように見せかけるため、関係のない別の資金移動による約55億円の現金振り込み記録を、この際の有償譲渡の証拠として破産管財人に示していた。白虎の設立は資産が無償譲渡される18日前の08年12月8日だった。捜査2課は資産を隠す受け皿として白虎が作られたとみている。

 捜査2課は虚偽登記について、大島容疑者らを電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で逮捕している。

 SFCG関係者によると、破綻を避けられないと判断した大島容疑者らが、経営悪化以前の正当な取引を装うために一連の偽装工作を実行したとみられ、工作は民事再生手続き後も続けられていたという。関係者は「破産管財人から取引の不透明さを追及される度に、元社長側から都合のいい契約書や記録が『新たに見つかった』と提出されてきた。書類には偽造された形跡があった」と指摘する。

【関連ニュース
SFCG:元社長、長男ら3人に資産隠しを指示
SFCG:資金流出先、実体なし 受け皿目的に設立か
SFCG:元社長ら4人逮捕 資金流出の疑い 警視庁
SFCG:元社長ら任意同行、逮捕へ 資金流出の疑い
SFCG:元社長ら本格捜査へ 資産流出の疑い…警視庁

<裁判員裁判>強盗致傷「指示」の男懲役9年 東京地裁判決(毎日新聞)
はやぶさ 世界初の旅終え帰還…カプセル着地を確認(毎日新聞)
<テニスシューズ>自主回収、靴底はがれ転倒の可能性(毎日新聞)
受刑者と刑務官をパシャ…ブログで公開(読売新聞)
各党の政権公約要旨(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。